若い作曲家と脚本家|ミュージカルGLORY DAYSについて

ミュージカルGLORY DAYSについて-画像

若い作曲家と脚本家

作詞作曲を担当したニック・ブレマイヤーと脚本を担当したジェームズ・ガーディナー。
この二人はまだ20代という若さ。執筆した当時は大学生だったというから、舞台設定と全く同じ。
自分たちの世代をリアルに表現した音楽と脚本には若々しいエネルギーが満ち溢れている。
まさにその世代だからこそ作ることができた、ミュージカルといえるだろう。




若い作曲家と脚本家

Copyright ミュージカルGLORY DAYSについて 2009